Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 19日

1939EL1000 タイミングギア周り

カム・ピニオンブッシュを入れ替えたW辺さんのナックルヘッド。
ブッシュラッピング&リーミングです。

a0248662_121240.jpg
a0248662_1211475.jpg
a0248662_1212451.jpg

圧入後のブッシュ内径を計測すると、カムカバー側はカムシャフト径に対し0.04mmのクリアランス。
ケース側のブッシュはカムシャフト径に対し-0.01mm・・・・つまり通りません。

a0248662_1231538.jpg

リーマーでは芯が出ないと判断し、カバー側とケース側で径が違うラップロッドを製作。

a0248662_1215445.jpg

ケース側だけにバルブコンパウンドを付け、カバー側を軸にして、ケースとカバーを組んだ状態でラッピング。
削り過ぎないように、こまめに計測します。

a0248662_1221344.jpg

a0248662_1242181.jpg

ブッシュが整ったところで、カムギアのスラスト調整。
シムの厚みを変えて調整します。

a0248662_1243853.jpg

スラスト量0.15mm程度に。

a0248662_126482.jpg

お次はピニオンブッシュのリーミング。
専用のリーマーと冶具製作しました。

a0248662_1261633.jpg
a0248662_1262835.jpg

カムカバーとケースを合わせラインリーミング。
クリアランス0.03mmです。

a0248662_127518.jpg

ローラーとピニオンシャフトを組み、回りっぷりをチェック。
スルスルと良い感じであります。




ハーレー・レストアスクール生徒募集中

今年一杯でトリニティースクールは閉校となってしまいますが、ハーレーのレストアスクールは継続していきます。
来年からは心機一転、東京の足立区に場所を変えバイクいじりに励んでいきます。
興味・質問がある方は sgf1906@nifty.com までお問い合わせ下さい。

ハーレークラス講師  奈良 純




わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-11-19 01:55 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< 1968XLCH900 トラン...      1979FLH1340 タイミ... >>