2013年 11月 12日

1939EL1000 コンロッドスラスト

今日はW辺さんのコンロッドスラスト調整のお話。

a0248662_2313280.jpg

床に並ぶ3台分のフライホイール。こうなったのには訳があります。

a0248662_2473197.jpg

コンロッドのスラスト調整は、フライホイールにカシメられているクランクピンベアリング・フライホイールワッシャーの厚みを変えて調整するのですが・・・。

a0248662_2475690.jpg

元々組んであったフライホイール・タイミング側です。
縦横無尽にカシメられた後が・・・。これじゃあ使い物にならないなと悩んでいると、
W辺「もう一個家にあるので次回持って来ます。」
それは良かったと一安心・・・でしたが、

a0248662_2482953.jpg

2機目のタイミング側フライホイール。
中途半端に機械加工がされており、段差が付いてしまったいて、ワッシャーの収まりが悪い。
しょうがない、加工に出すかと考えていると、
W辺「今、3機目がアメリカから日本へ向かっています。」
!!!

a0248662_2485024.jpg

という訳でドキドキしながら3機目のクランクピンベアリング・フライホイールワッシャーを外しチェック。

a0248662_2541071.jpg

コチラは当たりでありました。

a0248662_2551513.jpg

a0248662_2553593.jpg

測定用に外径・内径を削ったワッシャーを組み、コンロッドスラスト量を計測。
必要なワッシャーの厚みを選出します。

a0248662_2555548.jpg

1.6mm厚のフライホイールワッシャーを両フライホイールに入れ、スラスト量は0.3mm程度に。
リプロ品で用意されているワッシャーの厚みはSTDで1.4mm、O.Sで1.5mmなので、ワッシャーは製作しました。
イヤイヤ、この年式ぐらいになるとワッシャーの交換も一苦労ですな。






ハーレー・レストアレーションスクール生徒募集中

今年一杯でトリニティースクールは閉校となってしまいますが、ハーレーのレストアスクールは継続していきます。
来年からは心機一転、東京の足立区に場所を変えバイクいじりに励んでいきます。
興味・質問がある方は sgf1906@nifty.com までお問い合わせ下さい。

ハーレークラス講師  奈良 純




わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-11-12 03:26 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< 1975XLH1000 トラン...      1975XLH1000 T/M... >>