Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 10日

1975XLH1000 T/Mドッグギア位置合わせ

今日はO山さんのアイアンスポーツ、トランスミッション。

a0248662_20372252.jpg

元々2速でのギア抜けが酷かった車両で、ドッグギアの磨耗が多かったので、カウンター1速、2速、3速ギアをANDREWS製に交換です。

a0248662_20373672.jpg
a0248662_20374799.jpg

新品のギアと見比べると、ドッグギアは大分磨耗しています。

a0248662_204344.jpg

という訳で仮組みし、ドッグギアの位置合わせをします。

a0248662_20432024.jpg

マニュアル上で78年以前のモデルは
カウンターシャフト1stと3rdギア、2ndと3rdギア間のクリアランスが0.96mm~1.47mm。
メインシャフト4thと2ndギア、2ndと3rdギア間のクリアランスが1.09mm~2.1mm。

メインシャフト側は問題なかったのですが、カウンター側はずれています。
カウンター側は、ギアを交換したので状況が変わったのでしょう。

a0248662_20434143.jpg
a0248662_2043527.jpg
a0248662_2044338.jpg

カウンター側は、ローギアワッシャーの厚みを変え1stギア位置を動かし、シフターフォークの長さを変え、カウンター3rdギアの位置を変え調整します。

a0248662_20442028.jpg
a0248662_20442974.jpg

で実際にギアチェンジをしてドッグギアのはまりっぷりを確認。
カウンターシャフト、1速、2速はこんな感じに。

a0248662_20444668.jpg
a0248662_20445973.jpg

メイインシャフト、3速、4速はこんな感じに。

ってな訳で次回はエンドプレイ調整です。






ハーレー・レストアレーションスクール生徒募集中

今年一杯でトリニティースクールは閉校となってしまいますが、ハーレーのレストアスクールは継続していきます。
来年からは心機一転、東京の足立区に場所を変えバイクいじりに励んでいきます。
興味・質問がある方は sgf1906@nifty.com までお問い合わせ下さい。

ハーレークラス講師  奈良 純




わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-11-10 21:15 | 1975XLH1000 | Comments(0)


<< 1939EL1000 コンロッ...      1977XLCR Rブレーキコ... >>