Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 07日

1965XLCH900 カムスラスト

カムブッシュ、カムベアリングの入れ替えが終わった、F井さんのアイアンスポーツ。
カムスラスト調整をします。

a0248662_12293793.jpg

スラスト調整はカムシャフトの両サイド(ベアリング側、ブッシュ側)にシムを入れ調整します。

a0248662_1230938.jpg

まずは図11のカムプレート、ガスケットを付けシムが入ってない状態で計測し、使用するシムの厚みを逆算します。
ガスケットの厚みの問題か、70年代のものに比べ60年代のほうがスラスト量が多く出る傾向。

a0248662_12294832.jpg

コチラは図12のスラストシム。
.005”(0.127mm).007”(0.177mm).015”(0.381mm)3種類の厚みのシムがありますが、とりきれない場合があるので0.5mm厚のシムを製作。

a0248662_12295791.jpg

コチラは#2カム用スラストシム。
.005”(0.127mm).010”(0.254mm).015mm(0.381mm)があります。

このシム達を組み合わせ、一個づつ組みスラスト量を実測し、それぞれのスラスト量が0.1mm前後にしました。






トリニティースクールでは生徒募集しています
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-11-07 13:14 | 1965XLCH900 | Comments(0)


<< 1977XLCR Rブレーキコ...      1965XLCH900 #2カ... >>