Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 02日

1977XLCR スターターモーター

今日はアイアンスポーツ・XLCRのスターター周りのお話。

a0248662_0415772.jpg

ダイナモの時は錆が酷かったのでビビリつつ分解。

a0248662_042185.jpg

思いのほか程度は良いです。

a0248662_0424418.jpg

スターターギアシャフトレバーはピボットボルトを抜きとりますが、カシメられているので、カシメ部分を削ってから抜きます。

a0248662_043961.jpg

全分解、清掃。

a0248662_04411100.jpg

まずはスターターモーター。
アーマチュアコイルのクミュテーター、セグメントの溝に溜まったカーボンを鉄ノコの刃を使って除去。

a0248662_0443434.jpg
a0248662_044472.jpg

ベアリングを交換し、アーマチュアコイルを圧入。

a0248662_0472649.jpg

ブラシの厚みは12mmで問題無し。
使用限度は6.4mm(PIESTOLITE)

a0248662_045752.jpg

ブラシをブラシホルダーに入れます。
ブラシはターミナル側2本、フィールドコイル側2本。この四本のブラシをブラシはターミナル側とフィールドコイル側、交互に組みます。順番通りに組まないとモーターは回りません。

a0248662_0452687.jpg

ブラシケーブルの取り回しはこんな感じ。

a0248662_0473741.jpg

電流を流しモーターをチェック。

a0248662_0461120.jpg
a0248662_0483413.jpg

スタータードライブギアも問題なし。スターターシャフトナットは逆ネジ。

a0248662_051085.jpg
a0248662_0511383.jpg

という訳で、スターターモーター、ハウジング完成。
XLCRのエンドカバーはチヂミ塗装。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-11-02 01:13 | 1977XLCR1000 | Comments(0)


<< 授業風景      1965XLCH900 カムベ... >>