2013年 10月 31日

1965XLCH900 カムベアリング&カムブッシュリーミング

今日はF井さんのアイアンスポーツ、カム周りのお話。
まずはカムベアリング交換。

a0248662_1151387.jpg
a0248662_1153417.jpg

ケースを暖め、自家製工具を使いベアリングを圧入。

a0248662_1154524.jpg

ケース側にオイル溝があるので、ベアリングは奥まで入れます。

a0248662_1161660.jpg

コチラは以前圧入したカムブッシュ。
JIMS製の物で、内径はシャフトに対し0.02mm~0.04mm大きく17.45mm~17.47mm
コチラは問題ないのですが、外径が23.89mm~23.91mmで、カムカバーで大きいところで、カムカバーとの嵌め代が0.08mmになってしまいます。

a0248662_1163299.jpg
a0248662_1164137.jpg

両センターで旋盤に銜え、ダイヤルで芯が出ているかをチェック。
0.02mm楕円になっていた外径を切削。

a0248662_1165175.jpg

外径23.88mmにし、カムカバーとの嵌め代0.05mmにしました。

a0248662_1192671.jpg

圧入して内径が縮んだブッシュをリーマーで切削します。
カムシャフトに対しクリアランス0.02mmになるように専用リーマーを製作。

a0248662_119362.jpg

a0248662_1201292.jpg

カムベアリングを軸してリーミング。

a0248662_1204319.jpg

リーミング後、ホーニングして仕上げ。

a0248662_1212256.jpg

#1、#3、#4カムブッシュをこれO.K。
次回は問題が多い#2カムブッシュです。






トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-10-31 01:56 | 1965XLCH900 | Comments(0)


<< 1977XLCR スターターモーター      1965XLCH900 バルブ... >>