2013年 10月 24日

1965XLCH900 バルブガイド&シートカット

今日はF井さんのアイアンスポーツのヘッド周りの作業。

a0248662_0445139.jpg
a0248662_045337.jpg

使うバルブはKIBBLE WHITH製のBLACK DAIMOND。バルブガイドは同じくKIBBLE WHITH製の鋳鉄、STDサイズ。
何時ものようにバルブステムより小さく作られている(0.04mm)バルブガイド穴を内径拡大。
生爪にガイドを銜えリーマーを通します。

a0248662_0452960.jpg

専用工具を使い、ヘッドにガイドを圧入。
ヘッド側のバルブガイド穴内径は14.32mm、楕円・傷など無く問題なし。
STDサイズのガイド外径14.35mmで嵌め代0.03mmとなります。

a0248662_046317.jpg

圧入後、縮まったガイド穴をリーマーで仕上げます。
バルブステムとのクリアランス  IN 0.02mm EX 0.05mm

a0248662_0465075.jpg

ウミヒラ製のバルブシートカッターを使い、バルブシートカット。
まずは虫食いなどが消える程度に45度面を切り、光明丹を使いバルブ傘面とのあたり位置と幅をチェック。
あたり面がバルブ傘の中心で、1.3mm~1.5mm程度の幅になるように30度面、60度面をシートカット。
シートカット後、擦り合わせ。

a0248662_0471953.jpg

インテーク

a0248662_0473093.jpg
a0248662_0473981.jpg

エキゾースト

a0248662_048055.jpg

バルブを手で閉じた状態で、ポート内に灯油を入れ漏れチェック。
漏れるようなら、擦り合わせをやり直します。

a0248662_0501689.jpg

最後にフレックスホーンでホーンイングして今日はここまで。
次はバルブスプリングです。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-10-24 01:17 | 1965XLCH900 | Comments(0)


<< 1977XLCR ハンドルバー...      1975XLH1000 ジェフ... >>