2013年 10月 20日

1975XLH1000 クランク芯だし

今日はO山さんのアイアンスポーツ・クランク芯だし。

a0248662_746367.jpg

まずは左右フライホイールのズレを修正し問題ない程度に。

a0248662_7475748.jpg

今回苦労したのが、図A・Cのフライホイールの開きっぷり。
図のように開いたフライホイールをクランプで締めこんでいっても、左右のフライホイールが均等に締まらず、片側のシャフトの振れが“0”になると、逆のシャフトの振れが大きくなります。

a0248662_7464679.jpg
a0248662_7465712.jpg

一旦、フライホイールを開いた状態(図A)にしておき、大きく開いているほうのフライホイールを叩き、クランクピンナットを締め付け、シャフトの振れをチェック。
これを繰り返し、どうにかタイミング側0.01mm、ドライブ側0.02mm程度の振れに。






トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-10-20 08:08 | 1975XLH1000 | Comments(0)


<< 1965XLCH900 コンロ...      1977XLCR ジェネレーター >>