2013年 10月 15日

1980FLH1340 トランスミッション

今日はS沼さんのショベル・ビッグツイン。

a0248662_9291745.jpg

まずはメインシャフトから。
メインシャフトはANDREW製の新品に交換。メインドライブギアブッシュも交換でJIMS製。
メインシャフトブッシュ摺動部分の直径は25.38mm。JIMS製のブッシュ内径は25.30mmで0.08mmも小さく作られています。

a0248662_929375.jpg
a0248662_9294730.jpg

専用生爪にブッシュを銜え旋盤で内径拡大。

a0248662_9295881.jpg

メインシャフトにブッシュがギリギリ入るくらいまで拡大。

a0248662_9301034.jpg

a0248662_9302185.jpg

メインドライブギアに圧入し、中古メインシャフトを使いラッピング。

a0248662_9304393.jpg

最後にホーニングして完成。

a0248662_934237.jpg

カウンターシャフトギアベアリング、カウンター1速ギア・2速ギアのブッシュも交換。

a0248662_9344697.jpg

ギアケースに仮組みし、カウンターシャフトのエンドプレイをシム調整。
0.2mm程度にしました。

a0248662_934578.jpg
a0248662_935927.jpg

シフターゲージを使い、シフター位置のチェック。
まずシフタープレートをニュートラル位置して、ケージをセットアップ。ケージブロックの位置を固定する。

a0248662_9352171.jpg

固定した。ケージブロックの位置のまま、ギアボックスにセットアップし、クラッチギア(ドッグギア)の位置を確認。
シフタークラッチ両側のギアとの隙間を均等にします。
カウンターシャフト1速と2速のクリアランス 2.0mm~2.3mm
メインシャフト3速と4速のクリアランス 2.5mm~2.8mm

この後1速~4速それぞれのシフターギア位置をチェック。今回は問題なし。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-10-15 10:09 | 1980FLH1340 | Comments(0)


<< 1939EL1000 タペット...      秋刀魚PARTY >>