2013年 10月 12日

1977XLCR トランスミッション2

今日はアイアンスポーツ・XLCRのトランスミッション。
まずはベアリング周りから。

a0248662_130526.jpg

a0248662_1303779.jpg

メインシャフト・スプロケット側のベアリングレース内径は33.13mm。

a0248662_1304783.jpg

シャフト径は25.17mm。新品のニードルローラー径は3.964mmでクリアランス0.032mm。

a0248662_1305910.jpg
a0248662_1312080.jpg

カウンターシャフトベアリングも交換。
スプロケット側のニードルベアリング(クローズドタイプ)、ケースを暖めておき、プレス機を使い圧入。

a0248662_131329.jpg

a0248662_1472214.jpg

クラッチ側のニードルベアリング(オープンタイプ)も交換。
アクセスドアを暖めておき、専用工具で圧入。

a0248662_132115.jpg

ベアリング圧入後、オイラープラグも圧入。このプラグはニードルベアリングを潤滑させるためのもので、穴を上に向けて付けます。

a0248662_1322882.jpg

アクセスドアにギアを仮組みし、ドッグギアの位置合わせをします。

a0248662_1324777.jpg

メインシャフトはトップギアと2ndギア、2ndギアと3edギアの間。(2ndがスライダーギア)
カウンターシャフトは1stギアと3edギア、2ndギアと3edギアの間を測ります。(3edがスライダーギア)
1970-1978年はマニュアル上 メインシャフト1.09mm~2.1mm
                     カウンターシャフト0.96mm~1.47mm
このクリアランスで左右の隙間が均等であれば良いです。
もちろん実際にシフトチェンジし、それぞれのドッグギアのはまりっぷりをチェックします。

a0248662_1362044.jpg
a0248662_1363311.jpg
a0248662_1364320.jpg

スライダーギア(ドッグギア)の位置合わせが終わったら、メイインシャフト、カウンターシャフトそれぞれのスラスト調整をします。(エンドプレイ)
シム無しで仮組みし、必要な厚みのシムを選択します。

a0248662_1365696.jpg

メイン、カウンターそれぞれ0.1mm程度のスラスト量にしました。





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-10-12 02:24 | 1977XLCR1000 | Comments(0)


<< 秋刀魚PARTY      授業風景 >>