2013年 10月 06日

1975XLH1000 カムギアエンドプレイ

今日はO山さんのアイアンスポーツ、カムギアのスラスト調整。

a0248662_753038.jpg
a0248662_7532268.jpg

まずケースを暖めて圧入工具を使い、カムベアリングを交換。

a0248662_754099.jpg

カムギアプレート、カムカバーガスケットを付けた状態で、#1~#4カムそれぞれのスラスト量をチェック。

a0248662_7541583.jpg

カムスラストワッシャーは.005”(0.127mm).007”(0.177mm).015”(0.381mm)と厚みがあり、このワッシャーの組み合わせでスラスト量を調整します。
この3種類だと厚みが足りず、2枚合わせなどする場合があるので、新たに5mm厚のシムを製作。
それぞれスラスト量を0.05mm~0.1mmにしました。

a0248662_7542767.jpg

タペットガイドとタペットのガタはは良好。

a0248662_7543877.jpg

タペットローラーのクリアランスは、4本とも0.03mm程度。
マニュアル上のクリアランスは0.012mm~0.025mmで問題ない程度ですが、「せっかくなので交換」予定。その様子はまた次回。





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-10-06 08:17 | 1975XLH1000 | Comments(0)


<< 1980FLH1340 ヘッド回り      1977XLCR スプロケット... >>