Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 28日

1977XLCR ブレーキ&ホイール回り

今日はアイアンスポーツXLCRのブレーキ回り
錆が酷かったブレーキローターを冶具を作り削って見ます。
旋盤に面板、冶具、ローターをセットアップし、低回転で切削。

a0248662_23522543.jpg
a0248662_23525041.jpg
a0248662_23522122.jpg

時間がかかった割には、最高の仕上がりって訳には行きませんでした・・・。
ともあれ一旦コイツを使ってみます。

a0248662_23525496.jpg
a0248662_2353216.jpg
a0248662_23533470.jpg

キャリパーも分解・清掃。
10年間寝かしていただけあってピストン固着ぎみ。
特にリア側は酷く、簡易的なプーラーを作り分解。

a0248662_2354764.jpg
a0248662_23543656.jpg

清掃し組んでいきます。
シール交換し、

a0248662_23544515.jpg

ブレーキパッド、錆が酷かったパッドピンも交換。
a0248662_2355325.jpg

キャリパーボルトにロックタイトをつけ締め付けトルク60N.mで締め付け。

a0248662_23591358.jpg
a0248662_004374.jpg

a0248662_0138.jpg

コチラはリアアクスルシャフトのカラー。
角型のスイングアームの場合、純正のカラーだと幅が狭すぎて、スイングアームを潰してしまい、リアアクスルアジャスターが動かなくなってしまいます。

a0248662_012230.jpg

スイングアームとのあたり面が広いカラーを製作。(写真左)

a0248662_08418.jpg

こんな感じです。




TRIUMPH SD

a0248662_044263.jpg

a0248662_053861.jpg

a0248662_055784.jpg
a0248662_06338.jpg

a0248662_074239.jpg

今日は、パーツ単品製作依頼で東京大田区にある白田工機さんへ。
エンジンがかかったと噂には聞いていましたが、大分出来あがっています。
ドラムハブ、レバー、アミファンネルなどなど、無垢材から削りだしたそうです。
イヤイヤ素晴らしい仕上がりです。

by sgf1906 | 2013-09-28 00:47 | 1977XLCR1000 | Comments(0)


<< 1975XLH1000 バルブ...      アイアン・ダイナモ >>