2013年 09月 11日

1980FLH1340 バルブガイド

今日はS沼さんのショベルビッグツインのバルブガイド。
初めからバルブステムが通らないKIBBLE WHITH製AMPCO45のバルブガイド。
ヘッドに圧入後、100分台のハンドリーマーで内径拡大するとなかなか真っ直ぐ切るのは難しく大変なので、何時ものように圧入前に内径拡大をしておきます。

a0248662_0542099.jpg
a0248662_0543985.jpg

専用の生爪にバルブガイドを銜え、リーマーで内径拡大。
バルブステム外径+クリアランス分までリーミング。

a0248662_0553274.jpg
a0248662_0554451.jpg

今回問題だったのがヘッド側のバルブガイド穴に、大きめの縦傷が入っていた事。(入ってしまったこと?)
ここに傷があるとオイルが傷を通りオイル下がりの原因になります。
という訳で、ヘッド側バルブガイド穴リーミング冶具を製作。
リーマーサイズは.004”o.s(外径15.98mm)のガイドに合わせ、0.04mmの嵌め代分小さい15.94mmのリーマー。

a0248662_0555599.jpg
a0248662_0562111.jpg

バルブシート45度面に冶具をあてリーミング。縦傷は大分マシになりました。

a0248662_0584550.jpg

シリンダーヘッドを十分に暖めガイドを圧入。

a0248662_059016.jpg

圧入後、嵌め代分縮んだガイド内径をリーミング。
インテーク側クリアランス0.02mm エキゾースト側クリアランス0.05mmにしました。





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-09-11 01:40 | 1980FLH1340 | Comments(0)


<< 1980FLH1340 バルブ...      1939EL1000 リアホイ... >>