Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 10日

1939EL1000 リアホイールスプロケット

今日はW辺さんのナックルヘッドのリアホイールスプロケット。
ダストリングが入っていなかったので、リベットを打ち直します。

a0248662_1205780.jpg

a0248662_121948.jpg

まずはリベットのカシメ部分を飛ばし抜き取ります。

a0248662_1244024.jpg

ダストリングを付け新たにリベットを打ち直します。
まずは位置決めの大きい方(3/16”)のリベットを打ちます。(計4本)

ブレーキシェル、ダストリング、スプロケットに隙間が開かないようにバイスプライヤーで締めておきます。

a0248662_1245754.jpg

リベット打ちは二人掛り。
一人がリベット頭部を万力に銜えたリベッターに保持しておき、一人がリベットのカシメ部を叩きます。
大きい方のリベットが打ち終わったら小さいほうのリベット(1/8”)を対角線上に打っていきます。(計16本)

a0248662_1251456.jpg
a0248662_1252424.jpg

という訳で出来上がり。美しい出来です。

a0248662_1255855.jpg






トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-09-10 02:00 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< 1980FLH1340 バルブガイド      1975XLH1000 ビッグ... >>