Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 03日

1939EL1000 T/Mカウンターシャフト

今日はW辺さんのナックルヘッドのトランスミッション・カウンターシャフトの組み立て。

a0248662_121788.jpg

まずは1st、2ndギアのフローティングブッシュ交換。
使うブッシュはJIMS製でギアとブッシュの動きが渋かったので、外周を少々研磨。
フローティングブッシュの場合、ブッシュ外周、内周共に摺動面となるので両方ともスムーズに動くようにします。

a0248662_1344.jpg
a0248662_13155.jpg
a0248662_133483.jpg

という訳でブッシュはオーケー。

a0248662_135970.jpg

問題だったのはカウンターシャフトギア(3ed&4thギア)の軸受けニードルベアリング。
カウンターシャフトギアの両端内側にニードルベアリングが入り、カウンターシャフトが受けるのですが、カウンターシャフトギアのベアリング受け部は少々磨耗し、オーバーサイズのローラーを入れなければなりません。
カウンターシャフトギア内径25.58mm-カウンターシャフト19.165mm-クリアランス0.03mmだとすると3.192mmのローラーが必要となります。

STDローラー 3.175mm
.0004”o.s 3.185mm
.0008"o.s 3.195mm

とローラーサイズがあるので.0008”o.sでいけるはずなのですが・・・。

a0248662_141857.jpg

V-TWINでとったローラーサイズが.0004”o.sが3.160mm、.0008"o.sが3.170mmと0.02mm以上も小く使い物にならない。おまけにCCI、DRAG共に生産中止だと・・・!
だんだん専用ローラーが手に入りにくくなってくるのかもしれません。

a0248662_15950.jpg

JIMS製のローラー(もちろんサイズもバッチリ)が手に入り事無きを得ました。
S沼さん有難うございます。

a0248662_152584.jpg

ニードルベアリングを組み、カウンターシャフトを入れます。
ギアボックスを縦置きにすると入れやすい。

a0248662_153864.jpg

カウンター側のスラストはシム調整をし、0.2mm程度。

なんやかんやでカウンターシャフト完成。

a0248662_173093.jpg






トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-09-03 02:09 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< 1965XLCH900 クラン...      1980FLH1340 オイルポンプ >>