2013年 09月 02日

1980FLH1340 オイルポンプ

今日はS沼さんのショベル・ビッグツインのオイルポンプ組み立て。

a0248662_11561321.jpg
a0248662_11563721.jpg

オイルポンプのドライブシャフトは少々磨耗し、ドライブギア部分のキー溝にガタがあったので新品に交換。

a0248662_11565598.jpg
a0248662_11572281.jpg

フィードギアとスカベンジャーギアのポンプボディーとの“隙間”をチェック。(ボディー面からギアが少しでます)
この隙間が少なすぎると油圧が弱くなり、隙間が多すぎるとポンプの動きが渋くなります。

a0248662_11574825.jpg

スカベンジャー側の隙間が少々少なかったのでボディー面面研。
フィード側、スカベンジャー側共に0.1mmに。

a0248662_11573533.jpg

使うガスケットはJAMES製の黒いペーパーガスケットで厚みは0.2mm。
規定トルク10N.mでカバーボルトを締め付けガスケトが縮み、ギアとボディー面のクリアランスは0.05mm程度になるはず・・・。

a0248662_11595518.jpg

仮組みしオイルポンプギアを回しチェック。
ギアの回りが悪い・・・?

a0248662_1203961.jpg

原因はコイツ。
ガスケットがズレ、ギアと干渉していました。

a0248662_1211793.jpg

ガスケットを取替え、ネトリとオイルポンプギアが回る感じに。
最後にフィード側にホースを付けオイルを流し作動チェック。
これでオイルポンプ完成です。

a0248662_121304.jpg







トリニティースクールでは生徒募集しています。

学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-09-02 12:29 | 1980FLH1340 | Comments(0)


<< 1939EL1000 T/Mカ...      1977XLCR T/Mクラッチギア >>