2013年 08月 31日

1977XLCR T/Mクラッチギア

引っ掛かりが少ない為、抜きづらいアイアンのT/Mクラッチギアのベアリングとブッシュ。
圧入&抜き取り工具を作りブッシュとベアリング交換。

a0248662_204534.jpg

内側(ドッグギア側)にはニードルベアリング、外側にはブッシュが付きます。

a0248662_159578.jpg
a0248662_201044.jpg

ブッシュは良かったのですが、ニードルベアリングはちゃんと抜けてくれず・・・最終的には壊して抜きました。
もっとちゃんとした抜き工具を作らなくてはいけませんね。

a0248662_202820.jpg

まずはブッシュを圧入。

a0248662_204373.jpg
a0248662_205496.jpg

リーミング&ホーニング。

a0248662_212986.jpg
a0248662_21399.jpg

a0248662_215367.jpg

新しいニードルベアリングも圧入しスラストワッシャーをいれ完了。

a0248662_22620.jpg





シリンダーヘッド側バルブガイド穴リーミング冶具

a0248662_224956.jpg
a0248662_23102.jpg
a0248662_23202.jpg

シリンダーヘッドのバルブガイド圧入部分の穴が楕円や傷が入っていた場合のリーミング冶具製作。
(バルブシート面に対して垂直にリーマーを立てられる)
今回は1340ccのショベルヘッドの.004”o.s(ガイド外径15.98mm)用で、嵌め代0.04mmとり15.94mmのリーマー冶具です。
加工模様はまた次回。





トリニティースクールでは生徒募集しています。

学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-08-31 02:36 | 1977XLCR1000 | Comments(2)
Commented by X1号 at 2013-08-31 22:51 x
1989年式XLH1200のミッションをOHしました。この年式のクラッチギヤはベアリングが2個ですがとにかく抜くのが大変でしたね。構造上叩き棒(旋盤なんて持ってませんから)が上手く当てられない。叩き棒のキー材をグラインダーで加工して、クラッチギアをホットヒートガンでこれでもかと過熱して何とか抜きました。もちろんニードルローラーはバラバラです。
ハーレーのミッションのベアリングって嵌めあいがキツくないですか?
Commented by sgf1906 at 2013-09-03 02:20
X1号さん、こんばんわ。
ベアリング2個ですか・・・ゾッとしますね。
圧入するときはそんなにキツさを感じないのですが、抜くとなるとレース部が硬い分、叩くとすぐ割れてしまうし削り辛い、引っ掛かる部分も少ないので非常に苦労しますね。同じ苦労を共有できる人がいてチョット嬉しいです。嵌め合いは計測したことが無かったので今度測ってみます。


<< 1980FLH1340 オイルポンプ      1975XLH1000 分解作... >>