Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 27日

1939EL1000 キックギアボックス

今日はW辺さんのナックルヘッド、キックギアボックス回りのお話。

a0248662_0432659.jpg

クラックが入っていたキックカバー。
パン以降のものと比べ、ブッシュ圧入部分の肉厚が薄いのでクラックが入ってるものが多いようです。
原因はやはり、ブッシュとシャフトのガタでしょう。

a0248662_0433821.jpg
a0248662_0435153.jpg

ナックルのアームとシャフトが一体式になってるキックアームシャフト。
目で見て解るようにシャフト部分が樽状になっています。シャフトがこれではブッシュを交換したところでガタはおさまりません。
この様なキックアームシャフトでエイエイとキックをしていれば、そのうちクラックが入ると言う事ですね。

a0248662_0454230.jpg

と言う訳でクラックが入ったキックカバー、樽状になったキックシャフトを直すのはお金も時間もかかるので、カバーはパン時代の良品、キックアームは社外品のものに交換です。キックブッシュは入れなおします。

a0248662_0455876.jpg

専用工具を使いブッシュを圧入。

a0248662_0462082.jpg

左右のブッシュを入れリーミング。

a0248662_0464776.jpg

a0248662_048127.jpg

ホーニングした後にオイルシールを入れます。

a0248662_0483358.jpg

ガタ無くスムーズ動きになりました。


a0248662_0485783.jpg

お次はスターターギア。
元々付いていたギアはスターターギア(写真左)ラチェットギア(写真右)とのにやられています。

キックアームを踏みスタータークランクが回転するとスターターギアとラチェットギアは噛み合います。
ラチェットギアはトランスミッションのメインシャフトと連動しているのでエンジンをクランキングします。
その時、スターターギアブッシュにガタがあるとラチェットギアとの噛み合いが悪くなり、ギア抜けの原因になります。

a0248662_0491441.jpg



a0248662_0492594.jpg

このギアもスターターギアブッシュがガタガタでしたので、ギアが思いっきり減っています。
キックシャフトブッシュのガタも手伝い、スターターギアもやられています。

a0248662_0495362.jpg

コチラもギア交換。
しかしながら、新品なのにスターターギアブッシュにガタが・・・ブッシュも交換します。

a0248662_051110.jpg

ちなみにコイツが外したブッシュ。中古のようなブッシュが付いていました・・・。

a0248662_0511468.jpg

で新たなブッシュの先端をテーパー状に加工しておきます。
スターターギアとラチェットギアが噛み合う時に“案内”になります。

a0248662_0512728.jpg
a0248662_0513690.jpg

スターターギアに圧入しリーミング&ホーニング。

a0248662_0515620.jpg

ガタ無くスムーズなものになりました。

a0248662_0522331.jpg

という訳でキックギア回り完成。

a0248662_0523687.jpg

おまけでフィラーボルトのお話。
ナックル・パンのものに付いているフィラーボルト。ここのネジ部がやられているものが多いようです。
ここはギアオイルの注入口なので大きなネジ穴が開いており、その為大きなボルトが使われています。
それを勘違いをし、オーバートルクで締めこんでしまうことが多いようです。
ここはキュット締まっているだけでよいです。(この車両のものもネジ修正をしました。)

a0248662_053221.jpg

ショベル時代のフィラープラグはアルミ製で締めずらいマイナスになっています。
一応、進化しているのですね。(笑)

a0248662_0531284.jpg





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-08-27 02:08 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< 1968XLCH T/Mメイン...      1975XLH1000 分解作... >>