2013年 08月 24日

1977XLCR ホイール

今日はアイアンスポーツ・XLCRのホイール回り。

a0248662_3433544.jpg

タイヤを外し白錆を除去。グッドイヤー・イーグルATとはお別れ。

a0248662_3363891.jpg

XLCRに使われているキャストホイールは、ベアリングハウジング部分がホイールと分かれる珍しい仕組み。
左右のベアリングセンター出るのかしら・・・。

a0248662_337644.jpg

軸受けはテーパーベアリング。
まずベアリングハウジングにレースを圧入。

a0248662_3371699.jpg

グリスニップルなどは付いていないので、グリスをたっぷり塗っておきます。

a0248662_338837.jpg
a0248662_3382248.jpg

シール、スペーサーをいれ、スペーサーワッシャーを付けリテーニングリングで止めます。
(ちなみにコチラはリアホイールのスプロケット側)

a0248662_3383339.jpg

でブレーキローター側。
まずディスタンスカラーを入れます。

a0248662_3384868.jpg

同じくベアリング、スペーサー、ワッシャー、リングをつけます。
この時はまだシールを付けません。

a0248662_3385989.jpg

シャフトを組み、テーパーベアリングに与圧をかけた状態にし、ホイールのガタ、回りっぷりをチェック。
・・・動きが渋い。
ディスタンスカラーの長さが短いです。
逆にガタがでた場合、カラーが長すぎってことになります。

a0248662_3392188.jpg

カラーとベアリングの間に0.3mmのシムを入れ調整。

a0248662_33937100.jpg

ガタ無くスムーズに回るようになりました。
(問題が無くなったところで片側のシールを付けます。シールは圧入してしまうと、壊さないと取れなくなるので、ベアリングのガタをチェックした後につけましょう)

a0248662_340773.jpg

フロントも同様に進めて行きます。

a0248662_3401672.jpg

a0248662_3402674.jpg

フロント側はスピードメーターギアがスペーサー代わりになります。
社外のものと違い、純正採用されていたVEGLIA製のスピードメーターギアは分解分解清掃出来るし、グリスニップルも付いているので良いですね。

a0248662_3404040.jpg

仮組みし回りをチェック。問題無しです。

a0248662_3405045.jpg

と言う訳で完成。
段々と形になってきました。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-08-24 04:12 | 1977XLCR1000 | Comments(0)


<< 1975XLH1000 分解作...      1977XLCR クランク芯だし >>