2013年 08月 23日

1977XLCR クランク芯だし

今日はアイアンスポーツXLCRのクランク芯だしです。

a0248662_136650.jpg

a0248662_141216.jpg
a0248662_1415824.jpg
a0248662_1422844.jpg

先日書いたように、左右のフライホイールを合わせ、ある程度トルクでクランクピンナットを締めておき、左右のフライホイールのズレと上下左右のフライホイールの幅を計っておきます。
数値化し目安にします。

a0248662_143555.jpg

左右のフライホイールのズレは図C、上下左右のフライホイールの幅は図A・B

a0248662_1431760.jpg

偏芯検査器にフライホイールをセットアップしシャフトの振れを計測。

a0248662_1433269.jpg

ピニオンシャフト側はマイナス、スプロケット側はプラスに針が振っています。
この場合、図Cの左右のフライホイールのズレ。

a0248662_1434275.jpg

フライホイールを叩き修正します。

a0248662_1501023.jpg

ピニオンシャフト側とスプロケット側が同じ方向に針が振っている場合は図A・Bとなります。
針が両方プラスに振っている場合は図Aの逆ハの字型。
針が両方マイナスに振っている場合は図Bのハの字型になります。

a0248662_1502279.jpg

a0248662_1463639.jpg

フライホイールを閉じたり開いたりして修正。

a0248662_1504911.jpg

フライホイールを動かすとクランクピンナットの締まりっぷりが変わるので其の度に締め付けます。
締め付けトルクは200N.m~230N.m

これを繰り返し芯を出していきます。
今回は振れ量0.01mmってとこでしょうか。









トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-08-23 02:21 | 1977XLCR1000 | Comments(0)


<< 1977XLCR ホイール      1975XLH1000 授業スタート >>