Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 19日

1977XLCR クランク2

今日はアイアンスポーツ・XLCRのクランク回りの作業です。

まずは、コンロッドのスラスト調整。
消耗していたフライホイールのスラストワッシャーを交換します。予め仮組みしスラスト量を測っておきます。

a0248662_0473454.jpg
a0248662_0475958.jpg

フライホイールのスラストワッシャーを外し、新しいスラストワッシャーを入れます。

a0248662_0484581.jpg

スラストワシャーはSTDサイズ.062”(1.578mm)と.005o.s(1.705mm)があります。
今回使うのは.005”オーバーサイズのもの。

a0248662_049669.jpg
a0248662_0494546.jpg

プレスでワッシャーを入れ、ポンチでカシメます。

a0248662_05023.jpg

スラスト量は0.2mm。
マニュアル上 0.127mm~0.381mm

a0248662_0503752.jpg

コンロッドのスラスト調整が終わり、クランクを本組みして行きます。
ピニオンシャフト、スプロケットシャフトを組みます。
ピニオンシャフトナット、スプロケットシャフトナット共に締め付けトルクは135N.m~162N.m

a0248662_0511493.jpg

クランクピンを組み付け。まずはピニオン側を本締めします。
締め付けトルクは203N.m~237N.m
スクリュー位置を合わせロックタブを付けます。

a0248662_0514133.jpg

左右のフライホイールの位置を合わせつつ、ドライブ側のクランクピンナットを仮締め。
この状態で、左右のフライホイールのずれっぷり、それぞれの位置でのフライホイールの開きっぷりを計測し、数値化します。

a0248662_052980.jpg
a0248662_0522132.jpg

左右フライホイールのズレをシックネスゲージを使って計測。

a0248662_0523771.jpg
a0248662_0524812.jpg

縦方向(A・B)横方向(C・D)のフライホイールの開き量を測ります。

今回計った数値を目安にし芯だしをしていきます。




トリニティースクールでは生徒募集しています。

学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-08-19 01:33 | 1977XLCR1000 | Comments(0)


<< 授業風景      盆休み、なんやかんやと3 >>