Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 12日

1980FLH1340 クランク芯だし

今日はS沼さんのハーレー・ショベルヘッドのクランク作業です。

まずはコンロッドのスラスト調整。
a0248662_034523.jpg

V-TWIN製の.005”o.s(1.66mm)のスラストワッシャーを使います。

a0248662_0342398.jpg

a0248662_0343461.jpg

S沼さん所有のカシメ工具でスラストワッシャーをカシメます。

a0248662_0344880.jpg

スラスト量は0.6mm
マニュアルでは0.127mm~0.635mm


で、クランクの芯だしをしていきます。
a0248662_036785.jpg
a0248662_0361779.jpg

a0248662_0362935.jpg

ある程度トルクでクランクピンナットを締めおき、左右のフライホイールの隙間と上下左右でのフライホイールの距離を測っておきます。

a0248662_039820.jpg

簡単に言うとクランクシャフトの触れ方は2種類。
図Cの左右のフライホイールのズレと図A・Bのフライホイールの開き&閉じです。

左右のフライホイールの隙間で図Cの触れ、上下左右でのフライホイールの距離で図ABの触れの目安にすることが出来ます。


a0248662_040575.jpg

偏芯検査器を使って振れっぷりをチェック。

a0248662_0403663.jpg

で修正。

a0248662_0402050.jpg

クランクピンナットを締め付け。

a0248662_0533755.jpg

チェックし、修正。
を繰り返し0.02mmの振れで良しってことにしました。










トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-08-12 01:14 | 1980FLH1340 | Comments(0)


<< 盆休み、なんやかんやと      1980FLH1340 バルブ... >>