Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 27日

1971XLH900 出戻り

卒業生のK田君のアイアンスポーツ。
「絶好調ですよ!」発言から何日か後の事故報告。
油断大敵慣れた頃が危ないのです。皆さん事故にはお気を付けを。

a0248662_156858.jpg

幸いバイクは軽傷でキャブ、アクセルワイヤー、配線回りなど軽整備で済みそうです。
という訳で終了したキャブを交換。
元々付いていたキャブはケイヒンバタフライ。このキャブのチョーク、加速ポンプ回りのプラスティック部品はパーツが出ないのでキャブ本体をヤフオクで購入。
清掃、シール交換、各部チェック。

a0248662_221334.jpg

フロートバルブを交換し、フロートレベルをチェック。
14mm~16mm

a0248662_22235.jpg

パイロットジェットのラバープラグを忘れずに。

a0248662_231219.jpg

a0248662_223550.jpg

元々メクラされている年式のパイロットアジャスタースクリューには2次エア防止でOリングを入れると良いです。

a0248662_224869.jpg

スロットルケーブルホルダーも年式によって違います。
このキャブには付いてなかったので、元々付いていたものを加工してつけました。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-07-27 02:36 | 1971XLH900 | Comments(0)


<< 1976FX1200 ブレーキ回り      1976FX1200 オイルポンプ >>