2013年 07月 23日

1939EL1000 トランスミッションマウントスタッド

今日はW辺さんのナックルのミッションマウントの修正。

a0248662_229169.jpg

パンやショベルのものに比べ肉厚の少ないナックルのトランスミッションマウント部分。
しかもO.Sのスタッドボルトが入っていた為、余計肉厚が少なくなりクラックが入っていました。

U様に溶接&アルミロウで埋めてもらい、オイルストーン、リューターで面出し整形。

a0248662_2291922.jpg

a0248662_2313182.jpg

a0248662_2305531.jpg
a0248662_2314885.jpg

こんな感じで綺麗になりました。

a0248662_2321875.jpg

以前作ったミッションマウント冶具。コイツはスタッドボルト位置決め冶具でもあります。
穴にピッタリのポンチを作り位置決め。

a0248662_2323570.jpg
a0248662_233117.jpg

3/8”-16山のネジ穴を作ります。
ボール盤にケースをセットアップし下穴を開けます。ドリルサイズは7.8mm。
そのままのセットアップのままタップを立てます。これで垂直にネジ穴を開けることができます。

a0248662_2332398.jpg

で完成。色々と問題が多いトランスミッション。1つクリアです。




ドレンボルト

a0248662_321458.jpg

真鍮でドレンボルト製作。
オーナーのW辺さん、初めての旋盤作業で良い出来です。






トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-07-23 03:05 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< 1968XLCH カムシャフト...      1980FLH1340 コンロ... >>