2013年 07月 15日

1968XLCH900 T/Mカウンターシャフト軸受け部分加工

トランスミッションカウンターシャフト軸受け部分(ケース)にクラックが入っていたXLCH。
溶接後、アールテックエンジニアリングさんで、ベアリング受けスリーブ単品製作、圧入後ネジ止め、位置合わしボーリング加工してもらい、無事復活。
何時もながら、無茶な加工依頼でスイマセン。

a0248662_171862.jpg
a0248662_173180.jpg
a0248662_174326.jpg

a0248662_182523.jpg

久しぶりのバイクイジリでハイテンション気味のO仲君。

a0248662_175776.jpg
a0248662_18673.jpg

溶接で熱がかかってしまったメインシャフトベアリングレースを抜きます。

a0248662_18159.jpg

で計測・・・・残念ながら0.1mm程度楕円になっています。
この部分はドライブチェーンに引っ張られるので横方向に楕円になる事が多いのですが、今回は縦方向の楕円。溶接によって引っ張られてしまったのかも知れません。
ともあれ、真円拡大後オーバーサイズのレースを入れます。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-07-15 01:36 | 1968XLCH900 | Comments(0)


<< 授業風景      1979FLH1340 T/M... >>