2013年 07月 09日

1939EL1000 コンロッド スモールエンドブッシュ

今日はハーレー・ナックルヘッドのスモールエンドブッシュ。

a0248662_163357.jpg
a0248662_164394.jpg

0.06mm程度楕円になっていたコンロッド・スモール部分。
しかもフロントとリアで0.1mmサイズが違う(リア側が大きくなってしまっている。)
アールテックエンジニアリングさんで真円拡大してもらい、F側は22.65mm、R側は22.75m。

a0248662_16533.jpg

使うブッシュはJIMS製。F側はSTDサイズ、R側は.005”オーバーサイズのもの。
オーバーサイズにはブッシュに線が入っています。

a0248662_17298.jpg
a0248662_171247.jpg

内径が小さく作られているJIMSのブッシュ。
予め内径を拡大し、使うピストンピンにギリギリ入るぐらいにしておきます。

a0248662_174046.jpg

SST工具でブッシュ圧入。

a0248662_175170.jpg

a0248662_18222.jpg

垂直にリーマーが入るように、ボール盤を使ってある程度リーマーを通し、後はハンドリーマー。

a0248662_182027.jpg

リーマーを通した後、少々渋い分は中古ピストンピン&金属磨き粉(オートゾル)を使いラッピング。
使うピストンピンがガタ無く抵抗無く動くところまでやります。

a0248662_183343.jpg

最後にホーニングし終了。
ブッシュ軸受けはクリアランス部分にオイルフィルムがある事で軸が回ります。オイルが無いと金属同士削れていくだけです。
ブッシュ面が鏡面だとオイルで張り付きオイルの抵抗で動きが重くなります。ホーニングすることにより、細かなキズを付け、オイルフィルム確保、オイルが流れるようにしてスムーズに軸が動くようにしてやる訳です。










トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-07-09 01:44 | 1939EL1000 | Comments(1)
Commented by クリスチャンルブタンメンズ通販 at 2013-07-18 14:05 x
時計 gucci


<< 1976FX1200 スプロケ...      授業風景 >>