Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 03日

1939EL1000 分解作業(トランスミッション編・第3弾)

今日もハーレー・ナックルヘッドのトランスミッション分解。
山梨から通学のW辺さん、二日連続で聖地秋葉原でのミッション分解作業。3機目投入です。

a0248662_0321368.jpg

今回は分解作業初めっからニヤニヤが止まらない。

a0248662_0323435.jpg

メインシャフト側
メインシャフトのメインドライブギア摺動部分は磨耗しているものの、ギアは良好。

a0248662_0331136.jpg

カウンターシャフト側もギア良好。
カウンターシャフトはJIMS製の物が入っておりコイツは使えます。

a0248662_0333999.jpg

ギアケースはパンヘッドの後期型で、コイツもクラック無く良品です。

a0248662_0335887.jpg
a0248662_0341481.jpg

マウントスタッドの取り付け部の肉厚もパンのものは厚くなっています。
(写真上パン時代、写真下ナックル時代)

a0248662_0343794.jpg

a0248662_059146.jpg

ドレンボルトの座面部分も広くなっています。
ネジ穴も座面の真ん中に開いています。(笑)(何故か真ん中に開いていないものが多い)





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-07-03 01:03 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< 1965XLCH900 Rブレ...      1939EL1000 分解作業... >>