Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 02日

1939EL1000 分解作業(トランスミッション編・第二弾)

今日はハーレー・ナックルヘッドのトランスミッション分解。
以前分解したW辺さんのミッションですが、ギアの状態が悪く、悪いものすべてアンドリュースのものにしていたらスゲー金がかかるゼ。という事でW辺さん所有の2機目のトランスミッション分解です。
面白いことにデジャヴ的なことに・・・つまりはヤラレるところは同じってことか。

a0248662_213116.jpg
a0248662_215148.jpg

まずはキック側はどうか・・・。

a0248662_2225.jpg

年代的にはパン以降と思われるキックカバー。
以前バラシたものより肉厚に作られているがクラック。

a0248662_2101990.jpg

キックシャフトも樽状に。

a0248662_221118.jpg

スタータークラッチギアも痛んでいます。スターターギアのブッシュもガタガタ。
このブッシュがガタガタの為、スタータークラッチギアが痛んでしまうんでしょう。

a0248662_223783.jpg

カウンター側。
カウンターシャフトギア(3ed&top)のニードルベアリング軸受け部分は虫食いあり。
ギア達も少々ヤラレ気味。

a0248662_23342.jpg

カウンターシャフトの軸受け部も駄目です。

a0248662_224918.jpg

カウンターシャフトのケース側のブッシュも錆で膨らみ分解が困難でありました。

a0248662_231316.jpg

メインシャフト側。

a0248662_232358.jpg

メインドライブギアは終了。

a0248662_233218.jpg

LOW&SECONDギアも虫食いが。

a0248662_235176.jpg
a0248662_2324479.jpg

今回収穫だったのが、ギアケース。
ドレンボルト無事でやられている事が多いマウントスタッド部分も無事。
これだけでも、儲けものと思わなくてはいけませんね。

次回第三機目分解予定。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-07-02 02:38 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< 1939EL1000 分解作業...      1980FLH1340 ピニオ... >>