2013年 06月 24日

1979FLH1340 T/Mメインシャフト

今日ショベル・ビッグツインのトランスミッション、メインシャフト側の組み立て。

a0248662_0134540.jpg

メインシャフトはアンドリュース製のものに交換。
ブッシュ、ベアリング類も交換です。

a0248662_014964.jpg

ケースを暖め、スプロケット側のメインシャフトベアリングを圧入。
LATE77年以降のものは一体式のニードルベアリング。

a0248662_0142466.jpg

メインシャフトにロー&セカンドギア、キック側のメインシャフトベアリングを組んでおきます。

a0248662_017593.jpg
a0248662_017267.jpg

メインドライブギア、メインシャフトを仮組みし、メインドライブギアのエンドプレイ(スラストクリアランス)を計測。
スラスト量は0.3mm。(マニュアル上 0.25mm~0.63mm)

a0248662_018394.jpg

サードギア、ギアワッシャー、リテーニングリング、ドッグギアをギアケースの中に入れておき、メインシャフトをキック側から挿します。

a0248662_0181342.jpg

ドッグギアの「HIGH」マークはメインドライブギア側に向けます。

a0248662_0183071.jpg

ケースを暖め、キック側のメインドライブベアリングをケースに圧入。

a0248662_037462.jpg

最後にメインシャフトオイルシールを取り付け終了。
次回はカウンターシャフト側です。


a0248662_0184267.jpg





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-06-24 00:39 | 1979FLH1340 | Comments(0)


<< 1939EL1000 カムブッシュ      JAP500 SPEEDWAY 搭載 >>