Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 15日

1977XLCR スイングアーム

今日はアイアンスポーツXLCRのスイングアーム

a0248662_042406.jpg
a0248662_042531.jpg

錆付いていた細かなパーツ達は、錆をとり耐熱塗料焼付けして化粧直し。

a0248662_04347.jpg

ピボットボルト、ベアリングは新品に交換です。

a0248662_0432860.jpg
a0248662_044878.jpg

まず始めに両サイドのロックナット、ピボットボルトナット、アウタースペーサーをスイングアームに付けておきます。

a0248662_0443461.jpg

今回新たに作ったベアリングレース圧入工具を使いレースを圧入。

a0248662_044442.jpg

ベアリングにグリスを塗り、インナースペーサー、ダストカバーを付けます。

a0248662_0445773.jpg

スイングアームとフレームをドッキング。
ピボットボルトを締め付け、ディスタンスカラー的な役割をしているフレームにドッ付くまで締めこみます。
(アイアンのスイングアームベアリングは、ベアリング側を固定し、レース側を動かしてベアリングのガタ調整をします。)

a0248662_045637.jpg
a0248662_0455089.jpg

ピボットボルトナットの位置は横方向にしておきます。
フレームにケースを積んだときに、ケースがピボットボルトナットを固定します。

a0248662_046132.jpg
a0248662_0462828.jpg

ロックナット(アジャスターナット)を締め込みます。
スイングアームを動かしガタが無く、スムーズに動くところまで締めこんでいきます。
このロックナットを締め付けることで、レース側が動きベアリングとのクリアランスを詰めています。
良い位置でロックタブを付け終了です。

a0248662_0463815.jpg






トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-06-15 01:13 | 1977XLCR1000 | Comments(0)


<< 1980FLH1340 コンロ...      JAP500 SPEEDWAY... >>