Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 13日

JAP500 SPEEDWAY オイルライン

今日はJAPエンジンのオイルの流れをご紹介。

a0248662_330323.jpg
a0248662_3301438.jpg

JAPエンジンのオイルポンプ、ピルグリムデュプレックスBⅠ。
このオイルポンプはポンプ内で2経路に別れ、ビッグエンド、ヘッドへオイルを圧送します。
(詳しくはコチラ)

ボディー側面に付いている、アジャスターネジでオイル量を調整。
ビッグエンド(写真右) フル量
ヘッド側(写真左) 3~5秒で一滴
ボディ上面の窓から見て、オイル様を調整します。今はエンジン分解時の位置にセットしてあります。

a0248662_3302576.jpg
a0248662_3304387.jpg

ビッグエンド側はタイミングカバー、ピニオンシャフトを通りビッグエンドを潤滑します。

a0248662_3305682.jpg
a0248662_331133.jpg

ヘッド側は、カッコイイオイルラインを通りロッカーカバーへ。

a0248662_3313076.jpg

ロッカーカバーの坂道みたいな凸を伝って、ロッカーアームを潤滑。

a0248662_3314888.jpg

a0248662_348964.jpg

ロッカーカバーの受け皿的なところに溜まったオイルは、オイルラインを通りバルブステムを潤滑。
バルブガイドに穴が開けてあり、直接ステムを潤滑します。

a0248662_3315923.jpg

a0248662_3322597.jpg

クランクケースに落ちたオイルは、ケース下のオイル溜まりへ。
JAPエンジンはトータルロスなので、オイルは外へ放出されるのですが、ここがチョト面白い。

a0248662_3323834.jpg

a0248662_3324799.jpg

ケース下に付いている4つのワンウェイバルブで、エンジン内内圧と排出オイル量を調整しています。
ピストンアップストローク時にバルブは開き、ダウンストローク時にバルブは閉じます。
閉じると言っても全閉する訳ではなく、バルブ開度が変わります。
それにより排出オイル量を制限し、エンジン内圧でクランク、ギアケースを潤滑させているのでしょう。

さぁこのエンジンがサーキットを走るのも、そろそろですよ。




トリニティースクールでは生徒募集しています。

学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-06-13 04:07 | JAP 500 SPEEDWAY | Comments(0)


<< 1977XLCR スイングアーム      1976FX1200 バルブシ... >>