2013年 05月 23日

1968XLH900 キックスターターラチェットギアブッシュ

卒業間近のS竹さんのアイアンスポーツ。
キックギアの抜けが気になるのでチェックしようという事で、プリマリー分解。

a0248662_042551.jpg
a0248662_043696.jpg

スタータークランクギアが回転すると、カムプレートに押さえつけられていた、スターターラチェットギアはスプリングに押され、クラッチハウジングの裏に付いているスターターラチェットと噛み合い、エンジンをクランキングします。
a0248662_0431858.jpg
a0248662_0433059.jpg

スターターラチェットギアに付いているブッシュが、案内になりスターターラチェットに垂直にかみ合います。

a0248662_043466.jpg

しかしながら、そのブッシュの“案内”部分が引っかかり、ギアの噛みが悪かったようです。
(引っかかったような傷があります。)

a0248662_0435714.jpg

先端をテーパー加工し入りやすくしたやりました。
無事キックギアの抜けは解消しました。

a0248662_0441559.jpg





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-05-23 00:58 | 1968XLH900 | Comments(3)
Commented by go_go_sakura0601 at 2013-05-24 23:00
はじめまして私はコマツといいます。
いつもトリニティーさんのブログを楽しく拝見させて頂いてます。
わたしは1967年のXLHを所有しています。
購入時オイルタンクにトリニティーさんのステッカーが貼ってありトリニティーさんを知り興味を持ちました。
現在ロッカーボックスにオイルプレッシャーゲージをつけています。
エンジン始動時は針が振れるのですが、エンジンが暖まると針がまったく動かなくなります。
わたしには原因がまったくわかりませんのでトリニティーさんのお力をお借りしたいと思いコメントさせていただきました。
スポットでの授業はしていただけるのでしょうか?
Commented by sgf1906 at 2013-05-25 00:40
コマツさん、はじめまして。トリニティースクールの奈良と申します。
見てみないとハッキリとしたことは解りませんが、オイルポンプ回りのトラブルかもしれません。一度スクールの方へ来ていただければ、色々とお話ができると思います。スポットでの授業も出来ますので、ぜひ一度遊びに来てください。
Commented by go_go_sakura0601 at 2013-05-25 21:47
返信ありがとうございます。
近い内に一度お邪魔させていただきます。


<< 1977XLCR バルブガイド      JAP500 SPEEDWAY... >>