2013年 05月 22日

JAP500 SPEEDWAY バルブタイミング

今日はJAPエンジンのバルブタイミング実測です。

a0248662_1282015.jpg

資料によるとバルブタイミングはこんな感じ

IN OPEN IN CLOSE  EX OPEN EX CLOSE
BTDC45 ABDC65    BBDC70 ATDC35  (チューニングフォースピード)
BTDC44 ABDC62    BBDC65 ATDC34  (JAP4B・84Sエンジンマニュアル)

資料によって少々数値は違います。

a0248662_1284071.jpg
a0248662_1285060.jpg

ピニオンギアにはキー溝が5つ。
まず元々組んであったとおりに組んでみます。

a0248662_1293498.jpg

チェッキングクリアランスは0.002”(0.05mm)で計測。
ランニングクリアランスもエンジンが暖まっている状態で0.002”のようです。

a0248662_1313383.jpg
a0248662_1314371.jpg

殆ど開きっぱなしのようなカム。
JAPの刻印と“X"の刻印。カムも種類があったのでしょう。

a0248662_132567.jpg

という訳で実測。

IN OPEN IN CLOSE EX OPEN EX CLOSE
BTDC55   ABDC70   BBDC65   ATDC34

少々インテークの開きっぷりが多いようですが、ピニオンギアとカムギアの位置関係は良さそうです。
このエンジンがどんな感じで回るか楽しみであります。

by sgf1906 | 2013-05-22 02:42 | JAP 500 SPEEDWAY | Comments(0)


<< 1968XLH900 キックス...      1979FLH1340 バルブガイド >>