2013年 05月 15日

JAP SPEEDWAY 圧縮比計測

アールテックエンジニアリングさんから上がってきたJAPのクランク。
早速仮組みし圧縮比を測ります。

a0248662_2131243.jpg

ビクエンドベアリングレースラッピング、ローラー合わせ、スモールエンドブッシュ製作、クランク芯だし。
性格が悪いクランクだったらしく、芯だしに苦労したようです。

a0248662_2145764.jpg

a0248662_2152683.jpg

まずは、スリーブ加工したシリンダーの“コンロッドの逃げ”の部分とコンロッドが干渉していないかチェック。

a0248662_216334.jpg

シリンダーヘッドガスケットは1.5mmの銅板で製作。

a0248662_2161382.jpg

シリンダーベースプレートはアルミで1mmのものと2mmのものを製作。

a0248662_2163962.jpg

シリンダー、ピストン、ヘッドを組み液体注入法で圧縮比を計測。

JAP SPEEDWAY B4エンジン Bore 80mm Stroke 99mm 
で排気量、497ccとなります。
シリンダースリーブ加工してSTDサイズピストンなのでこのサイズは変わらず。
シリンダーヘッドガスケット1.5mm、ベースプレート2mmを付けた状態で、ピストン上死点で燃焼室に液体を入れ、52cc入りました。
計算すると
40×40×99×3.14÷1000=497.3(排気量)
(497.3+52)÷52=10.5
圧縮比 10.5対1という事になります。

マニュアル上の圧縮比は15対1。
今回使ったomega製のピストンが低圧縮ピストンだったのか?
まぁともあれ、趣味でサーキットを走る訳ですからこの位の圧縮比で良いのです。

a0248662_211311.jpg

と言う訳で、これからドキドキワクワクのJAPエンジン組み付け作業です。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-05-15 03:03 | JAP 500 SPEEDWAY | Comments(2)
Commented by smw at 2013-05-15 18:33 x
余計なお世話ですが圧縮比計算間違ってますよっ。
Commented by sgf1906 at 2013-05-16 00:44
あっホントだ!
smwさん、御指摘有難うございます。
他の事を考えながら書いてました。
寝不足はいけませんね。


<< JAP SPEEDWAY クラ...      1939EL1000 バルブ組み立て >>