2013年 05月 09日

1965XLCH900 分解作業(フロントフォーク編)

今日はアイアンスポーツのフロントフォーク分解。
67年まで使われていたショックアブソーバー(ダンパー)。作りは凝っているのですが、その分アイアンのフォークの中では一番厄介です。

a0248662_1442653.jpg

a0248662_1464159.jpg

錆・固着が酷く分解作業が大変。おまけにこのタイプのショックアブソーバーのパーツはリプロ品で無い為、パーツを壊さぬように、パーツが出るものは容赦なく壊しつつ分解。

a0248662_1465859.jpg

67年以前と68年以降で随分パーツ点数が違います。
インナーチューブの頭に付いているスプリングリテーナーがピストンロッド(ピストン)を押しショックアブソーバー内のオイルが出入りし減衰します。

a0248662_1472763.jpg

a0248662_1482985.jpg

ここで面白いことが・・・。
入っていたピストンロッドの長さが左右で違います。
調べてみると、当時スタンダードのものと1インチ長いものと2書類のフォークfがあったようです。
「special-1"more rode clearance」と書いてあります。(笑)

ともあれ、このパーツは新品が出ないので製作しなければなりません。

a0248662_148386.jpg





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-05-09 02:52 | 1965XLCH900 | Comments(0)


<< バルブガイド(KIBBLE W...      1965XLCH900 分解作... >>