2013年 04月 29日

1976FX1200 タイミングギア回り調整

今日はショベル・ビッグツインのカムギアボックスの調整です。

a0248662_21585637.jpg

カムシャフト、カムブッシュ、ピニオンシャフト、ピニオンシャフトベアリングレースそれぞれ計測。
ピニオンシャフトベアリングレースは楕円無く一安心。

a0248662_2159853.jpg

ピニオンシャフトベアリングローラーは0.0006”o.sを使い計算上0.03mのクリアランスになります。

a0248662_21595340.jpg

カムカバーはNOSの純正カムカバーを使います。(ピニオンブッシュ、カムブッシュつき)
計算上カムブッシュとカムシャフトのクリアランス0.03mm、ピニオンシャフトとピニオンブッシュのクリアランス0.04mmになりますが、クランクケースとの芯が出ているかが心配。

a0248662_2202413.jpg

a0248662_2203513.jpg

まず、クランクケースとカムカバーを組み.0006”o.sのローラーとピニオンシャフトを入れ芯が出ているかチェック。

a0248662_2204532.jpg

ガタが無くヌルヌルとスムーズに回ります。
(芯が出ていないとシャフトを回転させた時に引っかかる感触があります。)

a0248662_2213250.jpg

a0248662_2214243.jpg

クランクケース・カムベアリングを変え、ピニオンシャフトと同じようにカムシャフトもチェック。
こちらもガタ無くスムーズに回ります。
NOSの純正カムカバー最高です。

a0248662_2215435.jpg
a0248662_222557.jpg

カムスラストもチェック。(カムカバーガスケットと付けておく)
シム調整し、0.1mm程度のスラストクリアランスに。

a0248662_2221976.jpg
a0248662_2222847.jpg

ブリーザーギアのスラストもチェック。
同じようにシム調整し0.1mm程度のクリアランス。

a0248662_2233319.jpg

これでタイミングギアボックスの調整ごとは終わり。
クランクが出来たら腰下組み立てです。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-04-29 22:32 | 1976FX1200 CHOPPER | Comments(0)


<< 1971FLH1200 コンペ...      1965XLCH900 分解作... >>