Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 25日

1965XLCH900 分解作業(腰上偏)

今日はアイアンスポーツの分解作業&悲劇です。

a0248662_3345967.jpg

まずはヘッドから分解。

a0248662_3355440.jpg

ロッカーアーム分解。
ロッカーアームシャフトとロッカーアームブッシュにガタがある為ブッシュ交換予定。
ここは、プッシュロッド、バルブに突き上げられ縦方向にガタが出ます。シャフトも片減りしやすいです。

a0248662_3361546.jpg
a0248662_3363261.jpg

シリンダーヘッド分解。
バルブステムとガイドにもガタがあったのでガイド交換です。
ガイドはSTDサイズでいけそうです。

a0248662_3364979.jpg

ピストン、シリンダー計測。
入っていたピストンサイズは.040”o.s
クリアランス(ガタ)は0.15mm~0.2mmでボーリング決定。


とまぁここまでは良いのですが、清掃後ケースにクラック発覚。
クランクルームとトランスミッションルームの境目に入っています。
こんなところに何故クラックが入ったのでしょう。何かが当った後もありません。クラックがそれ以上走らぬように止め穴が掘ってあったので、以前見て見ぬ振りして組まれたのでしょう。
ケースの合わせ面にマイナスドライバーで抉った跡があったり、デカイドレンボルトがねじ込まれていたり、随分雑な方が弄っていたのでしょう。

a0248662_337272.jpg
a0248662_3371664.jpg
a0248662_3372849.jpg


さぁ長い旅の始まりです。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-04-25 04:10 | 1965XLCH900 | Comments(0)


<< 1976FX1200 タイミン...      1976FX1200 トランス... >>