2013年 04月 23日

1939EL1000 分解作業(ホイール編)

今日はハーレー・ナックルヘッドのホイール分解です。

a0248662_2363269.jpg
a0248662_2364227.jpg

ジャッキアップしフロントタイヤを浮かせると随分なガタが・・・嫌な予感です。

a0248662_2365559.jpg

36年~66年まで使われているスターハブはインナースリーブがインナーベアリングレースになりハブ自体がアウターレースの役目をしバラのローラーを直接受ける仕組みです。
インナースリーブ、ハブアウターレース部分が磨耗し、ガタが増えた場合ボーリング後オーバーサイズローラーで調整するのですが・・・。

a0248662_237833.jpg

a0248662_2371865.jpg

インナースリーブはレフトサイド31.75mm、ライトサイド25.4mmと問題ないのですが、ハブ側が問題でレフトサイド44.5mm、ライトサイド38.31mm。
ハブライトサイドの内径が38.31mm随分大きく、最大オーバーサイズのローラーでもクリアランスが0.1mmになってしまいます。よくここまで大きくなりました。

幸いオーナーのWさんが程度の良いハブを持っていたので事無きを得ましたが、スターハブには何時も悩ませられます。


a0248662_2373913.jpg
a0248662_238438.jpg





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-04-23 03:06 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< 1976FX1200 トランス...      1971FLH1200 シリン... >>