2013年 04月 21日

1971FLH1200 シリンダー・シリンダーヘッド組み付け

今日はショベル・ビッグツインの腰上組み立て。

a0248662_2326025.jpg
a0248662_23262155.jpg

まずリングギャップ、クリアランス計測。
エンドギャップ 0.25mm~0.51m
サイドクリアランス 0.1mm~0.13mm
1st、2ndリングの上下を間違えないようにピストンに装着。

a0248662_23263675.jpg

特殊工具でピストンピンクリップを挿入。

a0248662_23264580.jpg

ハーレーでよく使われているスパイラルタイプのピストンピンクリップ。
最後までちゃんと溝にハマッているかチェック。ワタシはこのクリップが外れた事があります。

a0248662_2327567.jpg

4本のシリンダーベースナットを締め付けトルクで締めます。
締め付けトルクは純正のガスケットを使ったときの数値であり目安で、均等締め、増し締めが大事です。
ベースナット締め付けトルク 44N.m~50N.m

a0248662_23271768.jpg

シリンダーーヘッドも取り付けます。
締め付けトルク 89.7N.m

a0248662_23273027.jpg

シリンダーヘッドを本締めする前(ヘッドが動く状態)でインテークマニホールドの角度を合わしておきます。
ここの角度は約60度でインマニとの角度が合っていないと2次エアーを吸いやすくなります。
V-TWINの弱点です。

a0248662_23275490.jpg

という訳で、大分バイクらしくなりました。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-04-21 00:13 | 1971FLH1200 | Comments(0)


<< 1939EL1000 分解作業...      1977XLCR タイミングギ... >>