2013年 03月 28日

1971FLH1200 プライマリー周り組み付け

今日はショベル・ビッグツインのプライマリー周りのお話。

a0248662_0154946.jpg
a0248662_016678.jpg

a0248662_0161548.jpg

まずはオルタネーター組み付け。
使うオルタネーターは32AMPの高出力タイプ。オルタネーターシムとスプロケットシャフトシムが付属されています。
ステーターとローターが干渉してしまう場合があるのでチェック。

a0248662_0183130.jpg

インナープライマリーカバーを組み付けます。
まず、エンジン側の4本のボルトを止めます。
プライマリーの内側に付くボルトはワイヤリングします。(プライマリー内で外れない為)

a0248662_0184797.jpg
a0248662_0193179.jpg

次にインナープライマリーとミッションを止めます。
この時、ミッションはまだフリーです。

a0248662_0201256.jpg

最後に5本にミッションマウントボルト&ナットを止めミッションを固定。

ミッションを先に固定してからインナープライマリーをつけると、エンジンとミッションの位置のずれから、プライマリーに変な力が掛かり、破損に繋がります。

a0248662_0225234.jpg

クラッチハブを取り付けます。
しかしながら、変な抵抗が・・・。

a0248662_0232618.jpg

a0248662_0234959.jpg

どうもクラッチハブのスタッドカシメ部分が膨れて、プライマリーに当っているようです。
(社外製の5本スタッドハブです。)
ヤスリで削り修正。

a0248662_026116.jpg

気をを取り直して、クラッチハブを取り付け。
締め付けトルク80N.mで締め付け。

a0248662_0282169.jpg

ちなみに、インナープライマリーを取り付ける前にドライブチェーンを付けておきましょう。
ドライブチェーンがダルダルになるとスターターモーターハウジング部分に当ってケースがやられるので、気をつけましょう。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-03-28 01:19 | 1971FLH1200 | Comments(0)


<< 貧乏暇なし      1971FLH1200 キック... >>