Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 26日

1939EL1000 シリンダーヘッド分解&計測

今日はハーレー・ナックルヘッドのシリンダーヘッド分解です。

a0248662_111975.jpg
a0248662_113085.jpg

まずブリキのロッカーカバープレートを外します。
ロッカーカバーに溜まったオイルはエンジンの負圧でロッカーアームハウジングに戻されるので、このカバーの気密性が大事なのですが・・・。

a0248662_12359.jpg

ロッカーアームハウジングスクリューを外します。
ヘッド側のロッカーアームハウジングマウント部は振動などでよくクラックが入っているそうです。この車両も直してある跡がありました。

a0248662_122756.jpg
a0248662_123775.jpg

ロッカーアームシャフトナットを外し、ロッカーアームハウジングをスライドさせるとロッカーアームが外れます。

a0248662_125690.jpg

フロント、リア、インテーク、エキゾーストそれぞれ長さが違うロッカーアームとロッカーアームシャフト。

a0248662_131653.jpg

と言う訳で計測。
ロッカーアームシャフト径13.95mm~13.955mm ロッカーム内径14.04mm~14.05mm
 
a0248662_133236.jpg

ここのクリアランスを詰めるとなると、シャフトをハードクロームなどで太らせオーバーサイズにする。もしくはロッカーアームをボーリングし、ブッシュを入れるということになります。
どっちみち大変ですね。

a0248662_1284781.jpg
a0248662_1295414.jpg

バルブを抜き、バルブ、バルブガイド内径計測。
ここは以前にやっているらしく良好。

a0248662_130859.jpg

バルブはオーナー所有のバルブを使い、バルブとガイドのクリアランス IN 0.04mm EX 0.07mm
よい感じです。


問題点の多いナックルのロッカー周り、これから色々と楽しめそうです。




トリニティースクールでは生徒募集しています。

学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-03-26 02:39 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< 1971FLH1200 キック...      1978FXS1200 試乗 >>