2013年 03月 19日

1939EL1000 分解&計測(クランク・タイミングボックス編)

分解作業中のハーレー・ナックルヘッド。
クランクを分解し、ビックエンドを計測。

a0248662_1214668.jpg
a0248662_1215982.jpg

ローラーベアリング。
フロントは3/16”×.726” リアは3/16”×.360”の2連
ローラーの直径実測値 フロント4.76mm リア 4.74mm
これはSTDサイズローラーが減ったものと思われます。(リア側は特に減っている)

a0248662_1221443.jpg

クランクピン直径は 縦方向31.70mm 横方向31.71mm

a0248662_1225668.jpg

ベアリングレース内径は フロント 41.31mm~41.33mm
                リア ドライブ側 41.29mm~41.31mm
                    タイミング側 41.30mm~41.31mm
共に縦方向に0.01mm~.0.02mm楕円になっています。

a0248662_1223563.jpg

クリアランスは フロント 約0.11mm  リア 約0.13mmとなります。
クランクピン、リア側のローラーが当る部分に虫食いが・・・
クランクピンも交換です。




カムギアボックスも計測

a0248662_1232649.jpg

カムシャフト外径計測。
カムカバー側、ケース側共に同数値で楕円無く20.59mm。

a0248662_1233922.jpg

カムシャフト軸受けブッシュはケース側、カムカバー側共に楕円、ガタがあり。要交換です。

a0248662_1235625.jpg
a0248662_124584.jpg

サーキットブレーカーギアシャフトは大分段付きになっているので交換。
アイドラーギアブッシュも交換です。

a0248662_1514250.jpg


入っていたローラーサイズなどから考えると、腰下は今まで弄られてなかったエンジンでしょう。
残念なのがクランクシャフト、クランクピンの虫食いですね。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-03-19 02:35 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< 1971FLH1200 スター...      授業風景 >>