2013年 03月 12日

1939EL1000 分解作業(クランクケース編)

今日はハーレー・ナックルヘッドのクランクケース分解&計測作業です。
ナックルのクランクシャフト軸受けは、ドライブ側、タイミング側共に直径1/4”のバラ玉ローラーベアリング。
さて状況はいかに・・。

a0248662_1383080.jpg
a0248662_1384783.jpg
a0248662_139597.jpg

ドライブ側(スプロケットシャフトベアリング)のローラーは1/4”×.490”(24)が2連で入っています。
ローラー直径実測 6.336mm STDローラーが磨耗したものと思われます。
ベアリングレース内径は38.12mm~38.14mm
進行方向に0.02mm楕円になっています。
ドライブ側シャフト(スプロケットシャフト)は車体を駆動させる側のシャフトの為進行方向に力が掛かります。
パンヘッド後期からテーパーベアリングになったのも頷けます。
シャフト直径はフライホイールからバラシた後に計測。

a0248662_1393710.jpg
a0248662_1395377.jpg
a0248662_1415091.jpg

タイミング側(ピニオンシャフトベアリング)のローラーは1/4”×.600”(12)が入っています。
ローラー直径は6.336mm コッチもSTDと思われます。
ピニオンシャフト直径は25.39mm
レース内径は38.12~38.13mm 内側が0.01mm広がっていますがラッピングでいけそうです。
実測クリアランスは0.058mm。

a0248662_143051.jpg

初めての100分台の計測に混乱気味のW氏。

a0248662_152321.jpg
a0248662_1524199.jpg

問題なのがドライブ側、ピニオン側共にシャフトの虫食いが進んでいます。
シャフトは新品にした方が良さそうです。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-03-12 02:46 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< JAP SPEEDWAY クラ...      授業風景 >>