2013年 02月 28日

1968XLH900 配線作業

Sさんのアイアンスポーツ、配線作業です。
電気の流れを考えながら配線を引いていくと随分と勉強になります。
旧車のトラブルで電気回りのものは多く、トラブルシューティングにも繋がります。

a0248662_1382831.jpg
a0248662_1411639.jpg

60年代のハーレーのハンドル回りは配線中通し。
面倒臭いですがハンドル回りはスッキリ。

a0248662_1413546.jpg

60年代XLHはシート下にキーボックスが付きます。

a0248662_1424264.jpg

亀の子タンク(ガスタンク)の場合、イグニッションコイルはシート下に付きます。
ステーは製作しました。

a0248662_1425919.jpg

レギュレーターとスターターリレー。
68年後期~71年前期のモデルにはスターターリレーが付かず、スターターボタンから直接ソレノイドへ電気を流していたようです。その為この車両にもリレーは付いてませんでした。
スターターボタンの接点が焼けるなどのトラブルが多かったでしょう。
レギュレーターマウントスタッドを使ってスターターリレーを付けました。

a0248662_146876.jpg

賛否両論のショウライバッテリーを実験的に使ってみます。

a0248662_1462338.jpg

a0248662_1473162.jpg

a0248662_1464748.jpg

スターターケーブルも長さを合わし製作。
点灯チェックも合格。そろそろエンジン始動です。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-02-28 03:07 | 1968XLH900 | Comments(0)


<< 1968XLH900エンジン始...      1968XLH900 オートア... >>