2013年 02月 27日

1968XLH900 オートアドバンスディストリビューター

今日はアイアンスポーツのオートアドバンスディストリビューターのお話。
66年~70年のXLHに使われていたものです。

a0248662_145135.jpg

a0248662_1579.jpg

タイマーシャフトに、ガバナーウエイトとガバナースプリングを付けます。
ガバナースプリングは70年以前のものと71年以降のものがあるのですが、70年以前(横置き)のものより71年以降(縦置き)のもののほうがスプリングが強いです。
今まで私が使った70年以前のスプリングは張力が弱く(社外品のためか?)アイドリング時に不安定になることが多かったので(ガバナーが戻りきらない)今回は引っ張り力の強い71年以降のものを使います。

a0248662_155353.jpg
a0248662_161131.jpg

ポイントカム、ポイントを付けてポイントヒールがカムの一番高いところに来たときに、ポイントギャップが0.5mになるようにします。(ポイント調整ネジを回す)

a0248662_16235.jpg
a0248662_172537.jpg

ディストリビューターをカムカバーに差し込みます。
フロントピストン位置が圧縮上死点のときにポイントヒールがカムの一番高い位置になるように差し込みます。
その時、ディストリビューターの配線の逃げが良い位置に来るようにします。

a0248662_174423.jpg

点火時期を合わせます。
71年以前900ccのアイアンスポーツの進角位置はピストン上死点前45度。
圧縮上死点からクランクを逆回転に45度戻すとタイミングホールに棒マークが出てきます。

a0248662_17577.jpg

その状態で、ポイントカムを目一杯動かし(ガバナーが開いた状態)カムの印とポイントヒールが合った時にポイント接点が開き始めるところにします。
タイマー本体を動かし調整。

a0248662_18682.jpg

これで大体の点火時期調整は終わり。
配線を繋いだ後に改めてやります。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-02-27 02:05 | 1968XLH900 | Comments(0)


<< 1968XLH900 配線作業      1939EL1000 授業開始 >>