2013年 02月 13日

1976FX1200 CHOPPER 分解作業(腰下編)

新入生Hさんのショベル・ビックツイン、分解作業が続きます。

a0248662_114070.jpg
a0248662_1141245.jpg

タイミングギア周り分解。
カムギアはアンドリュース製Jカム、サーキットブレーカーはダイナ製のセミトラが付いています。
ギア自体は問題無さそう。
タペットは私が見たことの無い、社外製の油圧タペット。

a0248662_114297.jpg

オイルポンプ分解。
ギアは良いがシャフトは段つきになっており、使い物にならず。

a0248662_11441100.jpg

クランクケースを割り、クランクお目見え。
ケースにクラックなどの問題は無く良し。マッチングナンバーであります。

a0248662_1145523.jpg

スモールエンド部分の振れは約3mm。
ここにこれだけ振れがあるとビックエンドベアリングクリアランスは、規定値(0.02mm~0.03mm)より大きくなっています。
クランクシャフトの芯も0.15mm程度振れていたのでクランク分解。

a0248662_115390.jpg

この後は清掃&計測地獄が待っています。

a0248662_1151299.jpg

新入生のHさんの美しいノートです。
これからどんなノートに成っていくか楽しみです。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-02-13 01:36 | 1976FX1200 CHOPPER | Comments(0)


<< 1976FX1200 CHOP...      授業風景 >>