Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 09日

1977XLCR ヘッド分解・点検

前回、腰下の分解が終わったXLCR。今日はヘッド周りです。

a0248662_2531377.jpg
a0248662_2532917.jpg

まずは、ロッカーアーム。
ローカーアームとブッシュのガタは問題無さそう。次回計測します。

a0248662_2535547.jpg

バルブ分解。
カーボンと錆で固着気味。バルブは交換です。

a0248662_254654.jpg

バルブとガイドにもガタがあったので、ガイド交換します。
ガイドを抜く前に燃焼室のカーボンを取っておきます。
特に排気側のガイド付近のカーボンを取っておかないと、ガイドを抜く際にガイドのこびり付いたカーボンでヘッド側のガイド穴を傷つけてしまうからです。

a0248662_2542297.jpg
a0248662_2543392.jpg
a0248662_254421.jpg

ガイドを抜き清掃、ガイド外径、ヘッド側ガイド穴内径計測。
ヘッド側バルブ穴に楕円、変形など無く、STDサイズのガイドでいけそうです。
鉄ヘッドはアルミヘッドと違い、ここがやられている事が少ないので安心です。

しかしながら、バルブシートは錆&虫食いが酷いので大変そうですね。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-02-09 03:21 | 1977XLCR1000 | Comments(0)


<< KOONO イク      1971FLH1200 ホイー... >>