Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 02日

1977XLCR 腰下分解 2

XLCR PROJECT 前回の続き、腰下をばらして行きます。
タイミングギア、プライマリー、トランスミッションをバラシ、軽くなったところでクランクケースをフレームから降ろします。

a0248662_081940.jpg
a0248662_082933.jpg

a0248662_084015.jpg

フロントエンジンプレート、リアエンジンマウントのボルトを外し、クランクケースを降ろします。

a0248662_09372.jpg

クランクケースボルトを外し、タイミング側のケースから外します。
77年以降のピニオンシャフトベアリングはバラ玉ではなく、一体式になっています。

a0248662_091220.jpg

ドライブ側のテーパーベアリングは圧入されています。専用工具を使い抜きます。

a0248662_093354.jpg

S&S製のストーローカークランク。
クランクピンの位置が高いです。

a0248662_094676.jpg

各部点検しつつ清掃。クランクケース問題なし。



動力引くの巻き

ガレージを作り始めて早2年。
遂に200V三相を引きました。旋盤ビュンビュン回ります。

a0248662_095688.jpg
a0248662_010793.jpg


もちろん、なんやかんややってくれたのはこの人。
ワタシはこの男に足を向けて眠れません。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-02-02 02:17 | 1977XLCR1000 | Comments(0)


<< 1976FXS1200 CHO...      1960VELOCETTE V... >>