Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 26日

1977XLCR 腰下分解

XLCR PROJECT 前回の続き、腰下をばらして行きます。

a0248662_0353155.jpg
a0248662_0354474.jpg

タッペトガイドを抜きます。
タペットとガイドのガタは良さそう。

a0248662_0355781.jpg
a0248662_036846.jpg

カムカバーを外します。
#2のカムブッシュは抜けてしまいました。
ハーレーのカムブッシュにはダウエルピンが付いていますので、カムブッシュが回り、カムカバー側がヤラレテいることは無いと思うのですが・・・。

a0248662_0362483.jpg

カムギア自体は問題無さそうです。

a0248662_037071.jpg

a0248662_039484.jpg

プライマリー周りを分解。
クラッチスチールプレートが何枚か変形しています。

a0248662_0375873.jpg

トランスミッションも分解。
いつもながら、バラバラになるメインシャフト・ニードルベアリング。

a0248662_039795.jpg

75年から右チェンジから左チェンジになったアイアンスポーツ。
77年からこの長いシフターレバーシャフトで左側でチェンジしています。
急激なエンジンブレーキ、押しがけ向きません。


a0248662_040823.jpg
a0248662_040204.jpg
a0248662_0402953.jpg

ギア、シフター周りも分解、清掃、チェック。
大きな問題は無く一安心です。

と、いうわけで今日はここまで。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-01-26 01:16 | 1977XLCR1000 | Comments(0)


<< 1968XLH プッシュロッド...      1938VELOCETEMAC 試走 >>