2012年 12月 26日

1968XLCH900 ステアリングヘッド

今日はアイアンスポーツのステアリングヘッドのお話。

a0248662_26428.jpg

この車両のステアリングヘッド・ベアリングカップは手で抜けてしまいました。
「あーコイツもか・・・」この感じは何回か経験があります。

a0248662_272627.jpg

ベアリングカップの圧入部分外径とフレーム側ベアリングカップ取り付け穴内径を計測。
フレーム側が大きいところで、約0.2mm大きい。もちろん楕円です。

a0248662_274734.jpg

アールテックエンジニアリングさんで、フレームベアリング取り付け穴を芯出し、真円拡大、スリーブ製作、圧入をし、新品ネックベアリングカップを圧入しました。
ここまでやらないと、ちゃんと直りません。

a0248662_275691.jpg

アイアンスポーツのステアリングヘッドは上下のベアリングの距離が短く、こじられやられてる事が多いようです。
ロングフォーク取り付けは止めたほうがよいですね。

by sgf1906 | 2012-12-26 02:43 | 1968XLCH900 | Comments(0)


<< 冬休み      授業風景 >>